賢者は明日の幸の為に 愚者は昨日の幸で    今日を生きる
広告

瞑想が初めての方は、こちらを読んでから、やってみてくださればと思います。

2020年11月の瞑想のテーマは

賢者は明日の幸の為に 

愚者は昨日の幸で   

 今日を生きる

です。

意味は賢い者は今日の努力を怠る事がないので明日の恵みが約束されるが、愚かな者はこれまでの蓄えで今を楽しむので明日の恵みが逃れていく

というのです。

静かに目を閉じて今までの人生の中で

初級 明日に備えての今日の努力を怠らなかったお陰で、うまく生きられた体験があったか?

中級 あなたが、体験した「備えあれば憂いなし」のいくつもの具体例を。。

上級 備えあれば憂いなしの教えに沿って生きている今のあなたの姿を。。

良く思い出して調べてみてください。(3分間)

賢者は明日の幸の為に 愚者は昨日の幸で    今日を生きる

意味は今の蓄えに頼って今を生きるなというのです。

初級 今ある財産や心や肉体の健康だけに頼って、生きていないかどうか。。

中級 自分の将来を考えて、今のあなたには何が蓄えられているかを。。

上級 不十分な蓄えのために、あなたが十分に力を発揮できなかった過去の体験を。。

瞑想の中で具体的に調べてみてください。パートナーがいる方はパートナーと話しあってみてください。