自己の無智さを見るは賢者他人の無智さを見るは愚者 
広告

瞑想が初めての方は、こちらを読んでから、やってみてくださればと思います。

2020年12月の瞑想のテーマは

自己の無智さを見るは賢者

他人の無智さを見るは愚者 

です。

意味は

賢い者は日々、自己の無智さを見つけ出す努力をし続けて自分を高めますが、愚かな者は、ひたすら他人の無智さを見つけ出すことだけをしますので自分自身が高まりません。

自分の心や魂の質の高さを得るために、人生という時間が神様から私達に与えられているのです。

常に自分の至らない点を改善できる努力が必要なのです。

生産現場における改善がなされれば、生産性もあがり製品の質も良くなり、信用と収入が得られるのと同じ事が、あなたの人生においても必ず起きてくるのです。

あなたが、これまで、自分の愚かさに気づいて自分を改めたことで、有り難い恵みを得たという体験があったか?

目を閉じて(3分間)記憶をたどってみてください。

終わりましたら、パートナーがいる方はパートナーと話しあってみてください。